福利厚生.jpトップ > 相談掲示板 > セクハラ社員の異動にかかる費用負担
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

セクハラ社員の異動にかかる費用負担

投稿日:2017/08/18 17:19 ID:QA-0072017

相談中

社内でセクハラ事案が発生しました。
双方の言い分を聞き、弁護士にも相談し、加害者を異動させることとなりました。
この異動には転居を伴い、かつ、単身赴任となる予定です。
これにかかる費用等をどうしたらよいか、悩んでいます。

ちなみに、もともとは転勤のない会社であったため、
会社命令で転居した場合の転居費用や、単身赴任中の住居補助、単身赴任旅費等について
労使での取り決めもなく、社内の規程もありません。
ただ、別の営業所で2名、業務上、転居を伴う異動を命じたことがあり、
彼らには引越しの費用負担や住宅補助を行っています。

それにならうと、会社が命じる異動による転居といえるので、
前例の2名のように会社が費用負担をするのが当たり前のような気もするのですが
なにしろ、異動の発端は加害者社員のセクハラにあり、社としてもやむなく命じた異動です。
それなのに会社で負担をしなくてはいけないものなのか、と疑問に思いました。

一般的にはどのような取り扱いをされているのでしょうか。

被害者と加害者の営業所は人数が少なく、狭いフロアで顔を合わせずに
就労させることは難しいこと、また、セクハラの程度は軽微ですが、
被害者の精神状態が良くないため、異動は止むを得ないと考えています。

この場合の費用負担について、ご教示いただけましたら幸いです。

規程整備中さん  北海道  販売・小売(31~50人)  回答数:2件 カテゴリ:福利厚生
A

事例

増沢 隆太 /人事・経営コンサルタント

掲示板では詳細も経緯もわかりませんので、あくまで法律ではなく似た事例の説明であることご理解下さい。
懲戒と異動は別物で、本人も認めている以上懲戒対象であって、減給や降格など処罰を行い、それで懲戒は終了です。異動は懲戒ではありませんので、一般の会社指示と同じに扱い、必要経費ももちろん会社が負担します。この二つを混同してしまうと二重懲罰となる恐れが高く違法性が出てきます。お気持ちはわかりますが、しっかり懲戒で形を付けることで完結できるように対応するのが先でしょう。
投稿日:2017/08/22 00:01
懲戒と異動は別物と考える、目からウロコです。
切り分けて考えなくてはならないですね。
ありがとうございます。大変勉強になりました。
投稿日:2017/08/22 08:30
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、理由はどうであれ、会社が異動を命じた以上、過去の例と同様異動に伴って生じる最小限の費用負担については会社側が負うべきといえます。

しかしながら、既に転勤事例が散見されているにもかかわらず規定が設けられていないというのでは、都度対応に苦慮しなければなりませんので、御社の転勤実態を踏まえた上でこの機会に転勤に関わる規定内容をきちんと整備されることをお勧めいたします。
投稿日:2017/08/22 09:50
ありがとうございます。
転居に伴う費用について、巷の「転勤取扱規程」の雛形なども参考にしながら、整備を進めてまいります。
投稿日:2017/08/22 10:40
福利厚生のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『福利厚生.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
上記企業以外でお探しの場合 『日本の人事部』で「福利厚生」の企業を検索できます。
プライバシーマーク