このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

慶弔申請

投稿日:2017/09/12 17:35 ID:QA-0072499

解決済

従業員より1年前の慶弔金の申請が漏れていたので、今から申請をしても良いか、との相談がありました。
ちなみに就業規則等で慶弔金申請期限を設けていませんので、対応せざるを得ないと思うのですが、今後は期限を設けることは可能でしょうか??また、その場合、何か月?何年?が一般的でしょうか??

人事勉強中1年さん  東京都  マーケティング・リサーチ・テレサービス(1001~3000人)  回答数:2件 カテゴリ:福利厚生
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、慶弔金の取扱いにつきましては、法令上定めがございませんので、各会社で任意に定めて運用することになります。

従いまして、申請期限を設ける事も可能といえます。但し、軽度のものとはいえ現行より不利益な変更となりますので、変更に際しましては労働者側に真摯に説明され理解を求めることは不可欠といえます。加えて、特に近い身内の弔事につきましては、当人も暫くは大変な状況ですので、短い期限を設けて厳格に適用されるといった対応は適切といえないでしょう。

具体的な対応例としましては、該当する事案の発生から1~3カ月程度を一応の期限と定められた上で、会社側が事情を把握した際には改めて申請手続きについて当人にお知らせするといった方法が考えられます。また期限を過ぎた場合であっても、当人の状況に応じ改めて期限を再設定された上で申請を促される等、柔軟な措置を取られるのが妥当といえるでしょう。
投稿日:2017/09/12 19:50
ありがとうございました!!
投稿日:2017/10/18 19:21
A

慶弔給付の申請期限

可児 俊信 /株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

慶弔給付規程に申請期限を設けてある規程はございます。
期限を設けた規程を周知させることで、今後、期限を設けることは問題ありません。

1年としているものが多いようです。これは給料の請求の時効と一致しています。
または事業年度末までとするのも事例は見たことはありませんが、経理上の正当性はあると思われます。
投稿日:2017/09/13 05:56
ありがとうございました!!
投稿日:2017/10/18 19:21
福利厚生のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『福利厚生.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
上記企業以外でお探しの場合 『日本の人事部』で「福利厚生」の企業を検索できます。
プライバシーマーク