福利厚生.jpトップ > 相談掲示板 > 自己都合で社員を退職しパート雇用になるときの有休について
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

自己都合で社員を退職しパート雇用になるときの有休について

投稿日:2017/09/25 16:27 ID:QA-0072644

相談中

いつもありがとうございます。

勤続10年以上の社員が、
体調不良により、勤務日数の少ない(30時間/週は超えます)パート契約に変更になる場合
有休についてはどのようになりますでしょうか?
・残日数は引き継ぎ?
・付与基準日は引き継ぎ?
また
仮に30時間/週に満たない契約になった場合もお教えください

よろしくお願いいたします。

*****さん  神奈川県  販売・小売(301~500人)  回答数:2件 カテゴリ:福利厚生
A

ご質問の件

小高 東 /東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

勤務は継続しますので、残日数、付与基準日はそのまま引き継ぎます。

付与日数については、新たな契約での週所定労働日数による、比例付与となります。
投稿日:2017/09/25 17:13
例えば、1日でもブランクがあった場合は勤務が継続しているとは言えない為
残日数、付与基準はリセットされるということになりますか?
また雇用する会社が異なる場合はどうなりますか?
投稿日:2017/09/27 10:28
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、年休の比例付与につきましては、週所定労働時間が30時間を下回る場合のみ適用されます。週30時間以上であれば、この点も含めまして年休付与等に関して一切変更はなく、全て従前通り引き継がれることになります。

これに対し、週所定労働時間が30時間を下回る場合ですと、週所定労働日数が4日以下(週で定められていない場合には年間所定労働日数が216日以下)の労働者につきましては各々の所定労働日数に応じて減じられた年休日数が付与されることになります。但し、労働時間数が減った時点からの適用となりますし、付与日数以外の点で変更はございませんので、残日数や付与基準日はそのまま引き継がれます。
投稿日:2017/09/25 22:53
福利厚生のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『福利厚生.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
上記企業以外でお探しの場合 『日本の人事部』で「福利厚生」の企業を検索できます。
プライバシーマーク