福利厚生.jpトップ > 相談掲示板 > 定期健康診断結果報告書の提出義務
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

定期健康診断結果報告書の提出義務

投稿日:2018/05/25 14:20 ID:QA-0076801

相談中

お世話になります。

定期健康診断結果報告書の提出についてですが、
常時50人以上の労働者を使用する事業場が対象となっています。

この場合の「常時・・・労働者」とは、
健康診断を受診させなければならない人数と同じことでしょうか?

当社では正社員のほか短時間労働者が100人以上いますが、
健康診断の対象になる者は全部で20人ほどしかいません。
なお、短時間労働者といっても長期勤務が前提になっています。

この場合でも結果報告書の提出義務があるのでしょうか。

*****さん  東京都  運輸・倉庫・輸送(301~500人)  回答数:1件 カテゴリ:福利厚生
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、定期健康診断結果報告書の提出義務がある事業者については、労働安全衛生規則第52条におきまして「常時五十人以上の労働者を使用する事業者」とのみ定められています。すなわち、雇用内容や期間その他の条件は付いておりませんので、労働基準法及び安全衛生法においてしばしば示される「労働者」と同じ扱いになるものといえます。

従いまして、健康診断受診義務のない短時間労働者であっても常時使用される労働者としてはカウントされるものと解されますので、報告書の提出が求められるものといえるでしょう。
投稿日:2018/05/25 18:43
有り難うございます。
投稿日:2018/05/28 09:02
福利厚生のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『福利厚生.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
上記企業以外でお探しの場合 『日本の人事部』で「福利厚生」の企業を検索できます。
プライバシーマーク