福利厚生.jpトップ > 相談掲示板 > 就学支援制度 学位取得後の就労制約の設定について
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

就学支援制度 学位取得後の就労制約の設定について

投稿日:2018/10/15 14:38 ID:QA-0079779

相談中

お世話になっております。

当社では、MBAなどの学位取得を支援する制度を設けたいと考えております。
制度設計において、学位取得後、一定期間の在籍を求め、もし設定した期間未満で退職した場合に
学費の返還を求めることは可能でしょうか?
  (一部もしくは全額、どちらでも問題ないのか)
  (業務指示、自己啓発支援それぞれの位置づけによる注意事項はあるか)

s/hさん  東京都  その他メーカー(1001~3000人)  回答数:1件 カテゴリ:福利厚生
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、雇用と関係のない金銭消費貸借契約に基づく学費支援であれば、一定期間の在籍で返還義務を免除するという取り決めによって制度導入が可能といえます。その場合は貸付金という性質から在籍要件を満たさなかった場合に全額返還でも差し支えないものといえるでしょう。

但し、あくまで自己啓発等任意の就学に限られますので、業務指示でこのような貸借契約の締結は認められないことに注意が必要です。
投稿日:2018/10/15 20:49
回答頂き、ありがとうございます。
あくまでも任意の就学であることを前提に、返還の制約を持たせる取り決めにできるとのこと、理解いたしました。

ありがとうございます。
投稿日:2018/10/17 18:24
福利厚生のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『福利厚生.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
上記企業以外でお探しの場合 『日本の人事部』で「福利厚生」の企業を検索できます。
プライバシーマーク