福利厚生.jpトップ > 相談掲示板 > 社員旅行のアルバイト参加について
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

社員旅行のアルバイト参加について

投稿日:2019/09/11 13:29 ID:QA-0086795

解決済

福利厚生で年1回、正社員を対象に社員旅行を行っていますが
今後、同一賃金同一労働の法改正に伴いパート・アルバイトに対しても
同様に社員旅行も行わないといけなくなるのでしょうか?
パートアルバイトは社員とは違うフルタイム勤務と週3日勤務の軽作業を行っていただいています。

ブレントさん  東京都  ゲーム・アミューズメント・スポーツ施設(101~300人)  回答数:3件 カテゴリ:福利厚生
A

同一とは

増沢 隆太 /人事・経営コンサルタント

正社員でもアルバイト同様の勤務条件の者がいるのであればあてはまりますが、勤務日・時間・職務内容も異なる社員は同一ではありませんので、対象外でかまわないでしょう。
投稿日:2019/09/11 14:14
ご回答ありがとうございました。
投稿日:2019/09/12 09:30
A

同一労働同一賃金と社員旅行

可児 俊信 /株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

「同一労働同一賃金」とは、同じ働き方であれば、同じ待遇にするということです。
働き方とは、職務だけでなく、責任や転勤・異動の有無も含みます。
パートタイマーやアルバイトは、働き方が異なるので、同じ待遇にする必要はありません。
しかし、働き方の差に応じた合理的な待遇差とする必要があります。
よって、方法の選択肢としては、
・全員、対象とする
・希望者を対象とする
・働き方が異なることから対象としない
がありますが、特に旅行に行きたいという要望がなく、それが待遇差として不満の原因にならないのであれば、対象としないという選択肢でいかがでしょうか?
投稿日:2019/09/11 15:13
ご回答ありがとうございました。
投稿日:2019/09/12 09:30
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、勤務日数及び業務負担が正社員とは異なる事から、いわゆる同一労働には該当しないものと考えられます。

加えまして、厚生労働省のガイドラインでも社員旅行には触れられていませんので、除外されても直ちに違法になるものでないといえるでしょう。但し、旅行という直接業務に関係のない施策である事からも、任意参加は認めても差し支えないものといえます。
投稿日:2019/09/11 22:58
ご回答ありがとうございました。
投稿日:2019/09/12 09:30
福利厚生のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『福利厚生.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
上記企業以外でお探しの場合 『日本の人事部』で「福利厚生」の企業を検索できます。
プライバシーマーク