福利厚生.jpトップ > セミナー > 「経営の意思決定に不可欠な“人事の見える化”」  ~ 人事の定量分析の手法と具体事例~
このエントリーをはてなブックマークに追加

「経営の意思決定に不可欠な“人事の見える化”」 
~ 人事の定量分析の手法と具体事例~

無料
当社が今まで蓄積した人事の定量分析のノウハウをもとに、経営の意思決定を行う上で不可欠な人事の定量分析・客観的診断の内容と経営判断への活かし方について、具体的な事例を交えて解説いたします。
開催日時 2018/10/25(木) 10:00 ~ 12:00(受付09:30~)
会場 東京都/千代田区 アルカディア市ヶ谷
受講費 無料
主催 株式会社トランストラクチャ
このセミナーに申し込む 期限:2018/10/24(水) 12:00

セミナー概要

〜経営者および管理・人事・経営企画部門責任者様限定〜

昨今の急激な事業環境の変化において、正確かつ早急な意思決定をしなければならない局面が多くなってきています。経営上の意思決定は、正しい現状把握に基づくことが重要ですが、特に人事面の状況を客観的に把握している企業は必ずしも多くないのが実態です。とかく人事上の課題把握は“定性的”な人事情報を拠り所にして語られることが多く、“定量的”な把握がなされないまま、人事施策を実行するケースが見受けられます。
 

 今後の人事の計画検討に向けて、経営層が的確な判断をするためには、まず“人事の見える化”を行い、人事の状況を正確に把握することが重要です。人件費、人員構造、人件費水準、人事制度の運用状況等の“定量的”な情報を、客観的かつ包括的に分析・把握しておくことにより、的確な人事施策を実施することができます。

 当セミナーでは、当社が今までに蓄積した人事の定量分析のノウハウをもとに、経営の意思決定を行う上で不可欠な人事の定量分析・客観的診断の内容と経営判断への活かし方について、具体的な事例を交えて解説いたします。

【プログラム】

■定量分析の重要性
■定量分析が経営上の意思決定に与えるインパクト
■定量分析のオーバービュー(分析の概要と種類)
■代表的な定量分析手法とその活用
■分析事例


【ご参加いただきたい企業】
・経営計画立案のための人事の分析を行う予定の企業
・現在の人事の問題課題を把握したい企業
・定期的な人事の現状分析の実施を検討している企業
・子会社関係会社の人事の状況を把握したい企業
・デューデリジェンスとして利用したい企業
・リストラ等大規模な雇用施策を実施する予定の企業
・人事制度の導入を検討している企業 等

 

 

講師情報

久保 博子(クボ ヒロコ)
株式会社トランストラクチャ コンサルティング部 ディレクター
国内大手生命保険会社にて中小企業のリスク防衛、および企業の福利厚生を目的とした企業保険の営業に従事。その後、当社入社。ディレクターとして、人事制度設計、統合人事制度設計、グループ人材管理基盤構築を中心とした組織・人事コンサルティング業務に携わるほか、自社管理部門の責任者として、会社の基盤構築・マネジメント業務に従事。

セミナー詳細情報

開催日時 2018/10/25(木) 10:00 ~ 12:00(受付09:30~)
会場住所 千代田区九段北4-2-25アルカディア市ヶ谷(地図を表示
会場名 アルカディア市ヶ谷
講師 久保 博子
受講費 無料
支払方法 事前申し込み登録制
定員 50名
参加申込期限 2018/10/24(水) 12:00
申込後のキャンセル期限 2018/10/25(木) 10:00
受講対象者 管理職、経営者・経営幹部、人事・労務、その他
主催 株式会社トランストラクチャ

主催者情報

  • 社名:株式会社トランストラクチャ
  • 所在地:〒1020083 千代田区麹町5-4 KY麹町ビル
  • 事業内容:組織・人事コンサルティング、人材育成・研修、人材アセスメント・サーベイ、採用コンサルティング・採用アウトソーシング
  • 代表者名:林 明文
  • 従業員数:50名
  • 資本金:8000万円
  • お問合せ先:0352133931
  • URL:https://www.transtructure.com/
このセミナーに申し込む 期限:2018/10/24(水) 12:00
福利厚生のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『福利厚生.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
上記企業以外でお探しの場合 『日本の人事部』で「福利厚生」の企業を検索できます。
プライバシーマーク