福利厚生.jpトップ > 「福利厚生」の用語集 > ウェルビーイングとは
このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェルビーイング
[ウェルビーイング]

「ウェルビーイング」(well-being)とは、身体的、精神的、社会的に良好な状態にあることを意味する概念で、「幸福」と翻訳されることも多い言葉です。1946年の世界保健機関(WHO)憲章の草案の中で、「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態(well-being)にあることをいいます(日本WHO協会:訳)」と用いられています。企業としての経営の方向性や組織のあり方を考えるときに、目安となる概念の一つといえます。
(2017/9/13掲載)

ウェルビーイングのケーススタディ

国別の幸福度ランキングで日本は51位
企業は今後どのような幸福を目指すのか

「ウェルビーイング」は幸福の概念といわれますが、日本は今、幸福なのでしょうか。国連が2017年3月に発表した、世界155ヵ国を対象にした幸福度ランキングによれば、日本の順位は51位。2016年の53位から、二つ順位を上げました。1位はノルウェーで、上位5ヵ国のうち4ヵ国を北欧勢が占めています。主要な国を見るとカナダ7位、米国14位、ドイツ16位、フランス31位となっており、日本はまだまだ上を目指さなければならない位置にあるといえます。

では、日本の企業における幸福度はどうでしょうか。企業の持続的成長を図る観点として、社員の健康に配慮した経営手法である「健康経営」という言葉が、最近よく聞かれるようになりました。平成26年に社員のメンタルチェックが義務化され、現在は働き方改革のテーマとして長時間労働の是正が課題となるなど、社員の健康維持への注目は年々高まっています。「ウェルビーイング」という概念は、健康経営の考え方をさらに推し進め、社員のメンタルヘルスや仕事へのやる気、企業への愛情といったものまで含めた概念ともいえるでしょう。

「ウェルビーイング」という考え方をいかに企業に持ち込むのか。オフィス用品を扱うコクヨでは、自社の研究機関誌の中で、オフィスに「ウェルビーイング」を取り込むポイントとして、「ワン・カンパニー:組織文化の浸透」、「マインドフル:意識の調整」、「セレクタブル:選択肢の提供」、「コンビニエンス:手軽なアクセス」、「ナッジ:そっと背中を押す手」、「ナチュラル:職場らしさの排除」の六つをあげています。

幸福は定型がないものだからこそ、自分たちに合うもの、自分たちが気持ちよく働けるもの、自分たちが前向きでいられるものは、自らで探さなくてはいけません。人材の獲得競争が激しくなる中、今後日本企業が経営方針として「ウェルビーイング」にどのように取り組んでいくのかが注目されます。

その他の用語

福利厚生のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『福利厚生.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
上記企業以外でお探しの場合 『日本の人事部』で「福利厚生」の企業を検索できます。
プライバシーマーク