福利厚生.jpトップ > 相談掲示板 > 特別休暇の廃止について
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

特別休暇の廃止について

投稿日:2021/02/16 19:04 ID:QA-0100918

相談中

現在、夏季特別休暇が6月から8月の間に4日間取得できます。ただこの期間で取得できない社員がいる為に、こちらを廃止して新たな特別休暇を設けようと思っております。新たな休暇は有給休暇が無くなった際に4日間の休暇を取得できるものにしたいと思っております。名称は未定なのですが、近年、入社したての社員が休暇が無くなり欠勤となるケースが多くなってまいりましたので、このような休暇取得を考えました。そもそもこのような事は不利益変更となりますでしょうか?こちらを実施するにはどのような社員との対応は必要となりますでしょうか?

悩める総務部さん  東京都  その他業種(301~500人)  回答数:2件 カテゴリ:福利厚生
A

お答えいたします

服部 康一 /服部賃金労務サポートオフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、現行の休暇を廃止する措置につきましてはやはり不利益変更となります。

対応としましては、2つの休暇は主旨が異なることからも、廃止無で新たな休暇のみ追加されるのが妥当といえます。その際、夏季休暇を取得出来なかった社員のみを付与対象とされるのもよいでしょう。
投稿日:2021/02/17 11:03
早速の回答をありがとうございます。
社内で又検討をしたいと思います。
投稿日:2021/02/17 14:41
A

ご質問の件

小高 東 /東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

夏季休暇を取得できる社員もいる。
入社したてではない社員にとってはあまり関係ない。
夏季休暇と特別休暇の主旨・目的が異なる。

などから、不利益得変更といえます。

ですから、原則として従業員の合意が必要となります。
投稿日:2021/02/17 12:09
早速のご対応ありがとうございました。
社内にて慎重に対応を考えます。
投稿日:2021/02/17 14:41
福利厚生のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『福利厚生.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
上記企業以外でお探しの場合 『日本の人事部』で「福利厚生」の企業を検索できます。
プライバシーマーク