福利厚生.jpトップ > 相談掲示板 > 代表取締役社長の親族が無くなった際の弔慰金について
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

代表取締役社長の親族が無くなった際の弔慰金について

投稿日:2021/11/26 10:57 ID:QA-0110116

解決済

社長の親族(親)が亡くなった際の弔慰金というのは、
会社として支払うことは可能なのでしょうか?
支払うことが可能な場合、妥当な金額というのはどのくらいでしょうか。
調べてもなかなか情報が得られなかったため、ご意見やご回答いただけますと幸いです、

frape9さん  埼玉県  機械(1~5人)  回答数:3件 カテゴリ:福利厚生
A

対応

増沢 隆太 /株式会社RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

税務のことなので、必ず所轄税務署にご確認下さい。
その上で、経営者の家族ということは、自分の会社を使って自分の家族にお金を渡す訳ですから、あまり高額は危険だと思います。一般的な香典額(数万円??)あるいは自分自身への金銭供与という点から「無し」にする例まで、各社さまざまです。社長の意向に沿えば良いのではないでしょうか。
投稿日:2021/11/26 11:22
ご回答ありがとうございます。
会社ごとで決まりも異なる件なのですね。
参考にさせていただきます。
投稿日:2021/11/29 08:56
A

お答えいたします

服部 康一 /服部賃金労務サポートオフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、弔慰金につきましては法令で支給条件等が定められているものではございません。

従いまして、従業員であれば就業規則上の定めに基づいて支給される事になりますが、取締役等の会社役員につきましては就業規則の適用はなされませんので、支給されるか否かについては御社自身での判断によるものといえます。

金額につきましても任意ですが、仮に従業員に関しまして支給されているのでしたら、その最高額の上といった辺りが一応の目安になるでしょう。

上記でも触れましたが、いわゆる従業員の人事労務管理上の事柄ではございませんので、具体的な対応につきましてはビジネスマナーの分野に精通された方に尋ねられる事をお勧めいたします。
投稿日:2021/11/26 21:59
ご回答ありがとうございます。
すみません、質問の場所を間違えてしまったようですので、今回の件はこれで締切いたします。
就業規則にこのような件を一切記載をしていなかったため、この機会に検討しようと思います。
参考にさせていただきます。
投稿日:2021/11/29 08:58
A

代取の母死亡に際しての弔慰金

川勝 民雄 /川勝研究所 代表者

▼本件の場合、妥当な金額と決めつけるのは難しいのですが、敢ていえば、20万円は高すぎ、5万円が、許容範囲と考えます。
▼20万円となれば、代表取締役への臨時報酬として認定される可能性が高まり、加えて、法人決算では損金不算入処理が求められます。
投稿日:2021/11/27 13:27
ご回答ありがとうございます。
もしお渡しするなら5万円以内が妥当といったところですね。
就業規則に明記する際の参考にいたします。
投稿日:2021/11/29 11:10
福利厚生のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『福利厚生.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
上記企業以外でお探しの場合 『日本の人事部』で「福利厚生」の企業を検索できます。
プライバシーマーク