福利厚生.jpトップ > 相談掲示板 > 介護休業中の社会保険料補助の方法について
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

介護休業中の社会保険料補助の方法について

投稿日:2005/05/10 22:52 ID:QA-0000538

解決済

弊社では、介護休業中は無給としておりますが、その代わり社会保険料(雇用保険料、健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料)については本人負担分相当額を介護休業手当として支給することとしています。今回、これを見直し、手当として支給するのではなく、社会保険料の本人負担分を全て会社が肩代わりすることとしたいと考えておりますが、可能でしょうか。また、何か留意点はありますでしょうか。
宜しくご教示ください。
(見直しの趣旨:介護休業期間中、完全に無給であれば発生しない雇用保険料が介護休業手当を支給することにより発生してしまうこと、手当が課税対象となること、またこれらに伴う事務手続などを回避したい。)

*****さん  東京都  その他金融(3001~5000人)  回答数:1件 カテゴリ:福利厚生
A

介護休業中の社会保険料補助の方法について

川島 孝一 /川島経営労務管理事務所 所長

介護休業の社会保険料については、育児休業と違い免除が認められていません。ご質問のように、例えば給与として支給せず、会社が全額負担をしたとしても、この本人負担分の肩代わりは、法律上賃金とみなされてしまいます。したがって、たとえ本人の手元に渡っていなくても、税金や雇用保険の対象となってしまいます。
 例えば、一度会社が立て替えておいて、復職後本人負担相当額を返金してもらうのであれば、税金や雇用保険料の負担は発生しません。また、社会保険料相当額のみ手当として支給し、雇用保険料については本人の負担とすることも考えられます。
 ただし、いずれにしても現在と比べると従業員が不利となりますので、従業員の同意をとる必要があります。
投稿日:2005/05/11 11:55
福利厚生のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『福利厚生.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
上記企業以外でお探しの場合 『日本の人事部』で「福利厚生」の企業を検索できます。
プライバシーマーク