福利厚生.jpトップ > 相談掲示板 > 産業医契約の締結時期と巡視時開始時期の取扱い
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

産業医契約の締結時期と巡視時開始時期の取扱い

投稿日:2018/04/18 08:06 ID:QA-0076141

解決済

産業医契約書の締結についてご相談します。
①産業医契約を下期開始を予定していますが、契約書の締結日は5月1日付、巡視を含めた実施は10月1日付と、産業医の活動開始時期が先ではありますが、その期間に一方的な契約解消を回避するため契約を締結したいと考えますが、課題はありますでしょうか?

ジョブQさん  静岡県  医療・福祉関連(10001人以上)  回答数:3件 カテゴリ:福利厚生
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、契約を締結された以上一方的な契約解除を防止することは重要といえます。

対応としましては、こうした業務委託契約については原則として任意に内容を決める事が出来ますので、別途契約を結ぶというよりも当該契約書の中において一方的契約解除の際の違約金の定め等、解除の際のペナルティ―についてしっかり明示されておかれるべきといえます。勿論、契約が当事者の合意で成立しているものである以上、100%解除を防止する方法まではございませんが、違約金等の高いハードルを設ける事で多くの場合は対応可能といえるでしょう。
投稿日:2018/04/18 09:25
契約締結日と実際の実施日に期間差が生じていますが、これは双方が了解していれば構わないでしょうか?
投稿日:2018/04/18 12:58
A

契約条項

増沢 隆太 /人事・経営コンサルタント

一方的な運用をさせないための契約書ですから、契約条項内に「解約」を設けることで対応可能です。一般的な取引契約と同様に罰則(補償金)など現実的に設定すると良いでしょう。
投稿日:2018/04/18 10:31
契約締結日と実際の実施日に期間差が生じていますが、これは双方が了解していれば構わないでしょうか?
投稿日:2018/04/18 12:59
A

再度お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご返事下さいまして感謝しております。

「契約締結日と実際の実施日に期間差が生じていますが、これは双方が了解していれば構わないでしょうか?」
― 一般的な契約におきましても、契約の締結日=契約の施行日というわけではございません。従いまして、双方の合意で決められたものであれば差し支えございません。
投稿日:2018/04/18 22:22
ご教示ありがとうございました。
投稿日:2018/04/20 10:20
福利厚生のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『福利厚生.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
上記企業以外でお探しの場合 『日本の人事部』で「福利厚生」の企業を検索できます。
プライバシーマーク