福利厚生.jpトップ > 相談掲示板 > 特別休暇について
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

特別休暇について

投稿日:2018/07/19 11:55 ID:QA-0077902

相談中

いつもお世話になっております。
今回は特別休暇(有給・無給)についてお伺い致します。
当社では下記概要にて特別休暇が設けられています。
①慶弔休暇(有給)
②介護・看護・育児・出産・生理休暇(無給)
上記①②の概要で各々日数等就業規則にて設定されています。

しかしながら取得前提として「有給休暇を所有する者」を対象にと縛りがあります、
いわゆる、入社6ヶ月後という事ですがこの縛り自体問題があると思うのですが・・・
ご教示頂けたら幸甚です。

tommy$$$さん  兵庫県  半導体・電子・電気部品(101~300人)  回答数:4件 カテゴリ:福利厚生
A

対応

増沢 隆太 /人事・経営コンサルタント

>縛り自体問題がある
その理由をご提示いただければと思いますが、特別休は会社が一義的に決めるものですので、有給休暇付与のタイミングと合わせるのはきわめて一般的といえます。ありがちな早期退職者がめいっぱい権利行使で入社早々有給や特別給を取ることへの職場の反発もあるでしょう。
投稿日:2018/07/19 12:16
ありがとうございました。
特別休暇は会社が独自に決定するものという
事が理解出来ました。
投稿日:2018/08/24 16:11
A

一寸、チマチマし過ぎの感じ、廃止の検討も・・

川勝 民雄 /代表者

▼ 「有給休暇を所有する者」という解り辛い基準で、特別休暇の適用の可否を決めるのは、合理性に欠け、説明も難しいですね。ここでは触れられていませんが、入社6カ月間というのは、しばしば、試用期間として使用されているので、その様に変更する方が解り易いですね。
▼ とは言っても、ご引用の両制度は、所詮、福利厚生の域を超えるものではなく、入社後、一定期間経過しなければ、その恩恵に浴せないというのは、違法ではありませんが、一寸、チマチマし過ぎの感じがします。このシバリは廃止されてもよいのではありませんか。
投稿日:2018/07/19 12:43
A

ご質問の件

小高 東 /東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

有休を所有する者ということですと、有休残なしの方も含まれてしまうと思われますし、
表現がよくありません。

また、法的に入社後すぐ認めるべきものや、入社6ヵ月後だけでなく労使協定が必要なものもありますので、各休暇ごとに対象者、対象外を明確に記載しておく必要があります。
投稿日:2018/07/19 16:29
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、②についてはいずれも法定休暇になりますので、会社側で独自に休暇取得に関わる要件を設ける事は出来ません。(※無給とされる措置は可能です)

従いまして、こうした「有給休暇を所有する者」といった独自の要件につきましては、当然に削除される必要がございます。ちなみに、介護・看護・育児休暇については一部の有期雇用契約者について法令で適用除外とされていますので、そうした法令に基づく要件記載に改める必要がございます。
投稿日:2018/07/19 22:17
福利厚生のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『福利厚生.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
上記企業以外でお探しの場合 『日本の人事部』で「福利厚生」の企業を検索できます。
プライバシーマーク