福利厚生.jpトップ > 相談掲示板 > 有給付与日数について
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

有給付与日数について

投稿日:2018/10/15 12:00 ID:QA-0079774

解決済

いつもありがとうございます。
この10月末で定年再雇用になる社員がおります。

11月以降の再雇用後は週4日勤務です。
勤続年数も30年以上で現在は毎年4月に20日付与しております。

11月以降の有給付与は
11月1日付けで一旦退社扱いで何日か付与するのでしょうか。
または来年4月に何日か付与するのでしょうか。

ご教示いただきたくよろしくお願いします。

****さん  大阪府  機械(51~100人)  回答数:4件 カテゴリ:福利厚生
A

ご質問の件

小高 東 /東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

勤続年数は継続してカウントし、そのまま4月に付与となります。

ただし、付与日数は、週4勤務としての比例付与となりますので、15日となります。
投稿日:2018/10/15 20:26
ご回答ありがとうございました。
参考にさせていただき、業務を進めて行きます。

お忙しい中、ありがとうございました。
投稿日:2018/10/16 18:07
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、定年再雇用の場合ですと、事実上雇用が継続していることからも特例としまして年次有給休暇の付与に関わる勤続年数は通算される取扱いとなります。

従いまして、これまでと同様に来年4月におきまして20日の年休付与となります。
投稿日:2018/10/15 20:30
ご回答ありがとうございました。
参考にさせていただき、業務を進めて行きます。

お忙しい中、ありがとうございました。
投稿日:2018/10/16 18:07
A

継続勤務と判断され、15日付与が必要

川勝 民雄 /代表者

▼ 定年退職後再雇用した場合、形式上労働関係が終了し、別の契約が成立している場合であっても、実質的に労働関係が継続していると認められ、労基法第39条にいう継続勤務と判断されます。
▼ 従い、次回付与時には、通算勤続年数をベースに、短時間労働者(週4日勤務)として、15日付与することが必要です。
投稿日:2018/10/15 20:59
ご回答ありがとうございました。
参考にさせていただき、業務を進めて行きます。

お忙しい中、ありがとうございました。
投稿日:2018/10/16 18:07
A

ご回答いたします

藤田 敏克 /社会保険労務士法人SRグループ 代表

定年退職後再雇用した場合、実質的に雇用関係が継続しているものとみなされるため、有給休暇付与に係る勤続年数は通算されます。
従いまして、有給休暇の付与日はこれまでと同様に来年4月となります。

付与日数につきましては、付与日時点での労働条件によって判断いたしますので、再雇用後の週所定労働時間が、

・30時間未満の場合:週4日勤務の比例付与対象として15日付与
・30時間以上の場合:原則通り20日付与

となります。
投稿日:2018/10/16 11:23
ご回答ありがとうございました。
参考にさせていただき、業務を進めて行きます。

お忙しい中、ありがとうございました。
投稿日:2018/10/16 18:07
福利厚生のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『福利厚生.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
上記企業以外でお探しの場合 『日本の人事部』で「福利厚生」の企業を検索できます。
プライバシーマーク