福利厚生.jpトップ > 相談掲示板 > 訃報の掲示について 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

訃報の掲示について 

投稿日:2019/08/19 09:43 ID:QA-0086185

解決済

いつも業務の参考にさせて頂いております。

今回、社員のご尊父様、ご母堂様が逝去されました。
ご尊父様逝去後、5日後にご母堂様が逝去され、
夏期休暇期間中と重なり、
すでに、告別式等は執り行われ、
会社での対応は、社内通知に訃報を掲示することに
なりました。
ついては、ご相談ですが、
社内通知の訃報に、
「お二人を連名で記載する」
「お一人ずつ記載する」
どちらが、一般的なのでしょうか?
記載する内容は、お名前と年齢、逝去された日付のみになります。

※告別式等は、すでに執り行われたと
 記載いたします。

大変、基本的なことですが、
今までに例がなく、ご相談させて頂きます。
よろしくお願いします。

ソナさん  東京都  食品(31~50人)  回答数:1件 カテゴリ:福利厚生
A

表記

増沢 隆太 /人事・経営コンサルタント

こうした事態が一般的とは言えませんので、正解があるとも思えず、通常通り一人づつ2件表記でいかがでしょうか。
また、そもそも家族の訃報を公開すべきかどうかも個人の意向が大きく多様化していますのでご一考されても良いかも知れません。
投稿日:2019/08/19 18:31
ご回答ありがとうございました。

当該社員と話し合い表記を決定いたします。
ありがとうございました。
投稿日:2019/08/20 09:01
福利厚生のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『福利厚生.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
上記企業以外でお探しの場合 『日本の人事部』で「福利厚生」の企業を検索できます。
プライバシーマーク