福利厚生.jpトップ > 相談掲示板 > 働き方改革に伴う福利厚生の考え方について
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

働き方改革に伴う福利厚生の考え方について

投稿日:2019/08/22 21:05 ID:QA-0086343

相談中

福利厚生に関する質問です。

現在弊社の福利厚生で、社員もしくは、社員の配偶者が子供を出産した場合に
お祝い金として●●万円を支給しています。
この適用は、社員のみとなっているためパートタイマーの方には適用されてません。
働き方改革の中で、不合理な待遇差の禁止となってますので、パートタイマーの方にも
適用をしなくてはいけないと考えてますが、しっかりとした根拠に基づきこれを回避する
ことは可能なのでしょうか?
 
正直なところ、現状の考え方としては「社員だから」しか理由がございません。
会社としては、採用試験を通過して、面接を突破して晴れて社員となった従業員と、
パートタイマーの方の待遇が同じというのもしっくりきません。
よろしくお願いいたします。

メイソウさんさん  東京都  通信(101~300人)  回答数:3件 カテゴリ:福利厚生
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、正社員とパートタイマーで業務内容や責任程度等が明確に異なっていれば、同一労働とはいえませんので給与等に関しまして待遇差があっても差し支えございません。

但し、子供の出産につきましては雇用形態によって相違するような事柄ではございませんので、パートタイマーにも支給されるべきといえます。
投稿日:2019/08/23 09:53
一つ一つの項目を精査して、差があっても当然である部分と、差を持たすことに合理性が無い等をしっかり考えて、制度を整えていきたいと思います。
ありがとうございました。
投稿日:2019/09/13 22:27
A

ご質問の件

小高 東 /東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

同一労働同一賃金は複雑ですが、ご参考までに
お祝い金の目的・性格についても、検討する必要があります。
また、その他の事情について、違いはないのか知恵を絞る必要があります。

例えば、
採用試験を通過して、面接を突破して晴れて社員となった従業員と、パートタイマーの方の待遇が同じこれもその他の事情のヒントにはなりそうです。

その他、育児休業対象者には支給もありかもしれません。

但し、パートさんでも年数が長かったり、育休対象でもある方については、貢献度に応じて支給はするということも検討する必要がありそうです。
投稿日:2019/08/23 14:45
A

慶弔規程の待遇差

可児 俊信 /株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

来年施行されるパート有期労働法では、正社員と働き方が異なっていれば、同じ待遇とする必要はありません。ただし働き方の差に見合わない不合理な待遇差であってはいけません。均衡のとれた待遇差が求められます。その判断は、その待遇の実施目的などに照らして、正社員だけを対象にしているとか、正社員にのみ手厚いことが不合理でないかが基準となります。
よって、まず出産祝金を支給する目的が重要ですが、その目的までは規程に書かれていないでしょう。一般的には出産費用の支援と会社からの祝意を表することての社員からの会社への信頼感を高めることでしょう。
そうであるなら、非正社員に支給しないことは不合理となります。よって法の趣旨に従うなら少ない額で良いので支給することになります。
または正社員だけに支給することが不合理でない実施目的を規程に明記することです。
投稿日:2019/08/25 12:07
福利厚生のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『福利厚生.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
上記企業以外でお探しの場合 『日本の人事部』で「福利厚生」の企業を検索できます。
プライバシーマーク