福利厚生.jpトップ > 相談掲示板 > 健康診断のオプションの費用負担について
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

健康診断のオプションの費用負担について

投稿日:2020/01/08 09:32 ID:QA-0089484

解決済

健康診断のオプション項目を社員の福利厚生として与えたいと考えております。
労働安全衛生規則で定められている11項目以外のオプションを会社負担とすることは、可能でしょうか

条件
1,予算は1人20,000円までとする(労使協定締結)
2,支払いは会社が支払いを行う
3,受けたい項目は社員が個人で決めるため項目はばらばらになる。

確認したい事項としては、条件「3」にある社員が項目を決めるため、社員全員が同じ項目を受けるわけではないので「福利厚生費」として、経費計上できるかになります。

N氏さん  東京都  その他業種(101~300人)  回答数:2件 カテゴリ:福利厚生
A

お答えいたします

服部 康一 /服部賃金労務サポートオフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、国税庁によりますと、人間ドッグ程度の健康診断内容であれば、健康管理の必要性からも希望者全員が受診可能とされている場合には給与所得として課税対象にならないものと示されています。

従いまして、全く同じ項目でなくとも、極めて特殊な診断内容でない限り福利厚生費として計上する事が可能と思われますが、税務上の問題ですので専門家である税理士にご確認される事をお勧めいたします。
投稿日:2020/01/08 23:00
A

損金計上は出来ない

川勝 民雄 /川勝研究所 代表者

▼事業者が実施しなければならない健診は、「雇入時健康診断」、「常時使用労働者に対する一般健康診断」、「特定業務従事者健康診断」の3種類です。費用は、事業者負担です。いづれも非課税対象となります。
▼ご質問のオプション診断は、法定外健診です。労使協定により社則として有効であっても、福利厚生費として、損金計上は出来ないと思います。税理士さんに確認して貰って下さい。
投稿日:2020/01/09 09:18
福利厚生のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『福利厚生.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
上記企業以外でお探しの場合 『日本の人事部』で「福利厚生」の企業を検索できます。
プライバシーマーク