福利厚生.jpトップ > 相談掲示板 > 永年勤続表彰の旅行券の再支給
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

永年勤続表彰の旅行券の再支給

投稿日:2020/04/22 11:21 ID:QA-0092452

解決済

いつもお世話になります。

度々の相談、申し訳ありません。
表題の件で、
弊社では毎年、新年の始業式で永年勤続表彰を行っており、
該当社員には感謝を込めて表彰と勤続年数に応じて記念品(旅行券)を支給しています。

記念品(旅行券)の使用については、ルールに沿って各人に説明しており、
運用開始より毎年、使用、報告、返却が適正に行われております。

ですが、今年の表彰者については新型コロナウイルスの影響で現在使用出来ないと相談あり、
確かに旅行どころでは無いと感じます。

新年の始業式での支給ですので、使用期間は単純に、1月~12月としており、
新型コロナウイルスが落ち着いたならば、秋~冬にかけて使用すると各当該社員が申しております。

しかしながら、仮に年内にウイルスが落ち着いたとしても、
その先、各行楽先の混雑の予想は明らかであり、
また、年内に落ち着く保証もありません。

そこで弊社では、記念品(旅行券)を一旦返却させ、
落ち着いた頃に再支給という様な形を取りたいと考えております。

この様な運用に問題はあるでしょうか。
また、実施した場合、使用期間はトータルで1年以内とする、
(例えば4月返却なら4ヵ月経過してるので、再支給後は8ヵ月以内に使用)
あるいは再支給から1年以内に使用で良いのか。
どちらが正解でしょうか。

弊社としては課税対象となる事は避けたいと存じます。

宜しくお願いしあます。

名ばかり役員さん  愛知県  鉄鋼・金属製品・非鉄金属(31~50人)  回答数:2件 カテゴリ:福利厚生
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、おっしゃる通り非常事態下で旅行どころではございませんので、一旦回収し再支給というのは当然の措置ともいえるでしょう。

また使用期間につきましても、再支給後でなければ使用出来ない事からも再支給後1年以内が妥当と思われます。

但し、そもそも通常の運用から外れた措置になる事から、課税の取扱い等についての確答は出来かねますので、事前に税務署にご確認される事をお勧めいたします。
投稿日:2020/04/22 20:05
ご教授ありがとうございます。
税務署に確認したところ、
再支給で問題ないと回答得られました。
ありがとうございました。
投稿日:2020/04/23 17:27
A

対応

増沢 隆太 /人事・経営コンサルタント

ご提示通り、現状ではまず実効のない報奨ですし、無効にならないためですので、延期しか無いと思います。問題はいつ事態が落ち着くか、現状では全く見通しが立たないことです。ここは現時点で誰も測ることができません。
投稿日:2020/04/23 09:54
ありがとうございました。
投稿日:2020/04/23 17:27
福利厚生のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『福利厚生.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
上記企業以外でお探しの場合 『日本の人事部』で「福利厚生」の企業を検索できます。
プライバシーマーク