福利厚生.jpトップ > 相談掲示板 > 有給休暇の付与について
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

有給休暇の付与について

投稿日:2020/05/14 16:39 ID:QA-0093186

相談中

初歩的な質問ですみません。

当法人では入職して6ヵ月、出勤率8割以上の職員に最初の有給休暇が付与されます。

入職して3ヶ月の職員が、私傷病のため傷病手当の申請をして1ヶ月休職しました。

もうすぐ入職6ヵ月が経過しますが、出勤率を計算する場合、休職した期間はどういった計算をすればよいのでしょうか?

就業規則には、出勤率の算定にあたっては、産休・育休・介護休業・業務上の傷病による休業は除外すると記載があるのですが、私傷病については特に記載がありません。ということは、私傷病については、出勤率のなかに休みとして算定する、ということなのでは・・・?と思ったのですが。

法律上はどうすべきなのか教えていただけないでしょうか。

きよこさん  熊本県  医療・福祉関連(51~100人)  回答数:4件 カテゴリ:福利厚生
A

6カ月の継続勤務に対し辛うじて8割台維持でOK

川勝 民雄 /代表者

▼1カ月の休職欠勤は、最初の有給付与迄に必要な継続勤務期間6カ月に対し、8割はクリアー(8割3分)していますので、辛うじて、付与要件を満たすことになります。
投稿日:2020/05/15 14:31
休職1ヶ月だけなら良かったのですが・・・
休職以外にも、受診や家庭の事情での欠勤が多々あり休職の1ヶ月を計算に入れると8割を切ってしまうのです。
休職は出勤率に算定しないはずだ!!と本人から申し出があったので、どうしたものかと迷っておりました。
ご回答、ありがとうございました。
投稿日:2020/05/17 16:58
A

ご質問の件

小高 東 /東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

私傷病欠勤については、休みとして算定して問題ありません。
投稿日:2020/05/15 15:20
ご回答いただきありがとうございました。

就業規則でも私傷病については休みとして算定するようなニュアンスになっていたので・・・
安心して本人に説明できます。
ありがとうございました。
投稿日:2020/05/17 17:01
A

お答えいたします

服部 康一 /オフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、私傷病の休職については業務上の傷病の休職とは異なり法令上除外対象となりません。

簡単にいえば、私傷病による欠勤が長く続いた状況と同様ですので、年休付与に関わる出勤率につきましては欠勤扱いとして計算する事になります。
投稿日:2020/05/15 15:55
ご回答いただきありがとうございます。

業務上の傷病ではないことが明らかなので、
年休付与に関する出勤率については、
欠勤として計算したいと思います。

本人にも、きちんと説明できそうです。
ありがとうございました。
投稿日:2020/05/17 17:05
A

計算

増沢 隆太 /人事・経営コンサルタント

全労働日数(分母)から除いて計算となります。業務上の傷病休業であれば、出勤したものとして取り扱います。
投稿日:2020/05/16 13:24
ご回答ありがとうございます。

先にご回答いただいた先生方とはもしかして内容が違うということでしょうか??

業務上の傷病ではありませんので、
出勤したものとしては取り扱いませんが・・・

具体的な日数でいくと、
6ヶ月の全労働日数は132日、欠勤28日(内休職22日)です。
先にご回答いただいた先生方の内容から
私は出勤率 104/132=78.8%と理解しているのですが、この理解が間違っているのでしょうか?

全労働日数から休職の1ヶ月を引くというと、
5ヶ月の全労働日数110日、休職以外での欠勤6日ですので、104/110=94.5%となるのですか?
投稿日:2020/05/17 17:21
福利厚生のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『福利厚生.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
上記企業以外でお探しの場合 『日本の人事部』で「福利厚生」の企業を検索できます。
プライバシーマーク