福利厚生.jpトップ > 相談掲示板 > 定年再雇用後の退職金
このエントリーをはてなブックマークに追加
Q

定年再雇用後の退職金

投稿日:2020/06/11 13:29 ID:QA-0094108

相談中

弊社は親会社を60歳で定年退職した社員の再雇用のために作られた会社です。
派遣会社として、60歳超えた社員を親会社へ派遣し雇用継続しております。
親会社での該当社員の業務を見直し、弊社入社した場合は派遣社員として相応の業務負担とするため、賃金は親会社の時より下がり、退職金も規定しておりませんでした。

今回の同一労働同一賃金で、派遣社員についても退職金の支給を要請されましたが、上記事情の場合でも退職金制度を設定しないといけないのでしょうか。

遅ればせながら労働者派遣法第30条の4第1項における労使協定の作成の準備のため、お伺いします。
弊社としては、退職金の項目は削除したい意向です。

全体として削除が難しい場合、「定年退職した者については退職金は支給しない」旨を含めて労使協定を締結したいのですが、当該文言は同一労働同一賃金に反するのでしょうか。

圭史さん  愛知県  その他業種(31~50人)  回答数:2件 カテゴリ:福利厚生
A

同一労働

増沢 隆太 /RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

親会社での業務が全く同じであり、責任分担なども変わらないのであれば同一賃金とする必要があるでしょう。労使協定などではなく、そもそもの業務内容、職務分掌を見直すことが本道だと思います。
投稿日:2020/06/11 18:44
ご回答ありがとうございました。
投稿日:2020/06/15 10:05
A

お答えいたします

服部 康一 /服部賃金労務サポートオフィス代表

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、定年時に退職金を支給されておりその上で定年後の再雇用を派遣にて行われているという事でしたら、通常の退職金は既に清算済みといえます。

従いまして、そのような場合ですと派遣先を退職された際に改めて退職金支給をされる義務まではないものといえます。
投稿日:2020/06/12 18:02
ありがとうございました。
参考になりました。
投稿日:2020/06/15 10:04
福利厚生のアウトソーシング先をお探しの企業様へ

『福利厚生.jp』の掲載企業・サービスについて事務局のスタッフが、ご紹介・ご案内いたします。

  • 掲載企業に一括お問合せが可能です
  • 特定の企業に絞ってのお問合せもできます
  • 企業選定のご相談も承ります

まずは下記「お問合せ」ボタンをクリックし、ご連絡先、ご要望等を入力の上、事務局までお気軽にお問合せください。

お問合せ
上記企業以外でお探しの場合 『日本の人事部』で「福利厚生」の企業を検索できます。
プライバシーマーク